カレンダー
<< February 2019 >>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
その他

年金の繰り上げ、繰り下げ受給について
ついちょっと前、厚労省だったかが、年金もらうの送らせたほうがお得、なんてこと言ってたような気がするが、騙されないようなしましょう。
ええっと、話を単純にすると、
    65歳から、年間200万もらえる、人が、
    1年送らせると、8.4%増しの、年間216万8千円もらえるので、
    13年後の78歳には、 
          200万×13年=2600万 VS 216万8000円×12年=2601万6千円で、追い越す。
          (8.4%×12年=100.8%とも言える)
    さらに5年まで遅らせたほうがお得。8.4%×5=42%増。
ので、もらうの送らせたほうが得!と宣伝しているのだが、とんでもない。

年金にも税金や、健康保険税が引かれるのを、考慮していないのである。

最も控えめに言って、ほかに所得のないパターンでも、(大阪人と仮定して計算してます。)
その差分の年間8.4%が増えた分に対し、
    国民健康保険税、そして、75歳を超えた時の後期高齢者医療保険料 11.2%と9.9%増
    住民税は9%ぐらい、所得税は4.5%ぐらい
で、合計23%~24.5%分が税金でとられるので、(簡単に以降24%として)
    8.4%×76%=6.4%
    6.4%×16年=102%
で、17年後に追いつく、つまり、82歳で追いつくという計算になる。

以上は最も控えめな計算。
国民健康保険税や、後期高齢者医療保険の減免を考慮するともっと差は広がり、7割減免や8.5割減免になるかどうか、という人に至ってはもっと差は広がることになる。
他にも、ほかに所得がある人も、年金の減額とか、合わせた場合に税率が変わることとか考えると差は広がるだろう。(こちらは私は関係ないので、まじめに検証してはいないが。)

以上から、私の場合は、繰り下げどころか、繰り上げしたほうが、お得、という結論に達しているのだが、私は何歳まで生きるのだろうか。また、この結論が出るころには、こういう計算をする気が、なくなっているのは、間違いのないところ。
コメント#591

年金かぁ…

僕は、元々国を信用していないので、考えた事は無いですが、田中さんのおっしゃる通りだと思います。

何せ、幾つまで生きるか判らないからなぁ

僕は、仕事を辞めたら暮らしやすい所に移り住んで、楽しく暮らす予定でいるので、仙人への修業に行き詰まったら、いつでも、遊びに来て下さいっ(*'▽'*)

|先生| Mon,Dec-10 19:59|
コメント#592

遊びに行きますよー

サケマス関係で、アラスカにでも移り住むのであれば、オーロラ見に行きたいのですが、暮らしやすいところって、やっぱり、暖かいとこですか?
|たなか| Tue,Dec-11 16:52|
コメント#593

カナダ、アラスカはかなり良いと思っておりますが、現実的なのはやはり東南アジアの方ですかねぇσ^_^;
|先生| Tue,Dec-11 23:37|
コメントする
お名前:

メール:

URL:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバックURL:
これまでに受信したトラックバックはありません。

処理時間0.074秒