カレンダー
<< January 2022 >>
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
その他

世論を必要以上に気にする岸田政権は、日本を破壊する
あのねえ、、、、
 玉川徹を代表とするバカマスコミとか、
 八割おじさんが、予想はずしまくりなのに、発言権をいまだに持ってる、とか、
 分科会とか、
 シルバー民主主義とか、
そんなのは、日本を破壊するだけなので、無視しないと、日本が破壊されますよ。

彼らは、ひょっとしたら、中国とか北朝鮮とかのスパイかもしれませんからね。

あ、岸田さんも、中国のスパイでしたか。それは失礼しました。

だめだこりゃ
岸田首相が、相変わらずダメだ!
聞く力があるだと?
あのねえ、あまりにもバカすぎる省庁の判断を、事前に止める能力がないだけだと思うんだけど。

今回は、文科省の、オミクロン濃厚接触者問題。

一部の、実情をよくわかってない人間が、
「追試を考慮するように指令を出しているので、文科省はやることをやってる。」
などと主張しているが、とんでもない!
わかってないことに口出すべきじゃない。まともに受験に取り組んだことのある人間なら、こんな意見は間違いだというのは常識の範囲だ。

受験の仕組みや、大学の体制や、共通試験の制度なんて、そう変わるもんじゃない。

「再試験に回されると、限りなく不利になる。」

というのは、当たり前の話。
これはある程度、普遍的な事実で30年以上前に受験した私からすれば常識だが、30年程度で、それほど急激に世の中、変わるはずがない。

私の時代では、インフルエンザで、熱が39度でてて、ふらふらの状態でも、共通一次は受けるべきであり、再試験に回ると、それ以上に不利になるから、というのが常識だったように思う。まあ、当時はインフルエンザは、気合で乗り越えられるような社会情勢だったこともたしかだが、ここ30年で変わったのは、この点のみだ。

再試験で、不利にならない方法があるのなら、教えてほしいものだ。
岸田首相は、ダメだ!
なに聞いても答えは同じ。
「適切な時期に、諸般の事情を鑑み、国益を考慮し、判断する。」

ちゃんと正直に発言しろよ!
 適切な時期に  → 今は決めるつもりはない。
 諸般の事情を鑑み → 俺にポリシーはないので、例えば公明党の意見を丸のみするとかも含めて、
 国益を考慮し → 当たり前のことを考慮して、

 判断する → 判断するもしないも、含めて、判断する。

ということだな。

いや、見事というしかない。長期政権になると思われます。
3度目の正直
そうだ、私は阪急ブレーブスファンなのだ。関西を探しても、ほとんど見つからないと言われた阪急ブレーブスファンである。

西宮球場で、オリックスに身売りされたときに、阪急返せコールを、叫んでいたのだ。
ま、オリックスブレーブスから、オリックスブルーウェーブにと変わっていったときは、腹が立ったが、許していた。
さすがに宿敵のバファローズになってしまったことは、いまだに許していない。

神戸スタジアムで、阪急返せコールをしていたのは、オリックスブレーブスから、オリックスブルーウェーブになってしまったときだったろうか。このころは、まだ愛はあったが、さすがにバファローズになってしまうと、裏切られた気持ちはふつふつと、いまだによみがえってくる。バファローズというのは、宿敵の名前だぞ!こちとら、山田だ、山口だ、今井だ、足立だ、などと、渋いところが投げていたのに、奴らは阿波野とか、イケメンに投げさせるような、許せない球団なのだ!

しかしまあ、優勝して、ヤクルトとの対戦となれば、これは、無視できないのだ。

ヤクルトと、3度目の対戦。かなりの因縁があるのだ。

一度目の対戦は、43年前の1978年、大杉のファールだ。
ファールをホームランと判定され、1時間以上、上田監督は抗議していたろうか。
おかげでかなり高年齢で頑張っていた足立の肩は冷えてしまい、ピッチャー交代となって、負けてしまった。

2度目は、オリックスブルーウェーブになっていた。阪急ブレーブスファンだった私は、まったく見ていなかったのだが、さすがにお家の一大事ということで、17年ぶりに応援した。
イチローが、ヤクルトの内角攻めに抑え込まれ、野村監督に、「ローボールヒッターなので、内角を攻めときゃ、いい。簡単な話だ。」というようなことを言われ、これには腹が立ったなあ。やっぱり野村は悪い奴だ。

とにかく3度目の正直だ。監督はキャッチャーの中島。
しかも私は、もう、見ていないので、中島しか知らない、といってもいいかも、という状態。

26年ぶりに応援せねばなるまい。
また、金配るらしい
再びの、腐った政策ですね。
国民に対する賄賂ですね。さすが。うまい!

これ以上ない、国を滅ぼす政策です。さすがですね。国を滅ぼすには、金を配るのが一番です。

前は、問題の和歌山の、親中派の、国賊の裏切り者が、口火を切って、手柄を持っていきましたが、今回は、公明党が明確に手柄をとれて、よかったですね。

いや、まじめな話、
そろそろ、自民党お、議席減を覚悟して、日本のために、公明党と手を切るべきかと。
共産党や、民主党(あえて民主党と言おう)が、死んでるこの時期にしか、手を切れないと思うんですけど。

放送法って何?
ええっと、、、、ですね、

選挙の前日の、いろいろと微妙な問題があり、テレビでは、抑制的に伝えてるんですが、

極左メディアの報道特集というTBSの夕方の番組が、明らかに、左翼を翼賛する番組構成をしてて、腹が立ちました。

沖縄の、左翼の主張を、まともに取り上げている一方、それに反対する、よぼよぼの、年寄の保守派の候補を、登場させる。
明らかに意図的な演出をやってるのに、やってないですよ。アリバイ工作は完璧です、、、というタッチですね。同じ時間、双方の主張を取り入れているから、という、アリバイ工作ですね。馬鹿らしい。

TBSとか、朝日とか、なんでもありですね。玉川徹も喜んでるんでしょうね。

最低です。

俺自身としては、テレビに出てくる、こういう極左の、道を外したやり口に、反対したいとは思っています。

一方、極右は、それほど、ひどいことはしてない。ちゃんと、軍服着て、迷彩色に車を塗りたくって、ちゃんと、嫌われるべく、嫌われてますから、安心して見ていてよいかと思います。

極左は、ソフト詐欺の手法を、覚えた!たらららった、たったー。レベルアップです。


以上

天橋立からかえります。
【写真の撮影場所を見る】
輪行で、特急に乗るのは、8年ぶりかな。
京丹後カマキリだっ!
【写真の撮影場所を見る】

京丹後ブルーだっ!
【写真の撮影場所を見る】

撤去工事中
【写真の撮影場所を見る】

fly peach to amamiって、書いてあるんだけど
fly peach to amami って横に書いてある。amamiが見えてないけどね。
奄美行用に普段使ってると思ってたが、福岡、関空で使われてました。

バニラ航空を買収した時に、ファンの要望で、バニラ色塗装のまま残したそうです。


黄色いピーチ
【写真の撮影場所を見る】
幸せになれるかな?
出港11時間前に、着いちゃった
【写真の撮影場所を見る】
まあ、暇。

処理時間0.01秒