カレンダー
<< August 2019 >>
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
その他

電池の充電の失敗について
結構、正しいと思われる結論が出たと自負している。

問題点としては、
 1.GPSロガーM241に使用しているeneloopだが、途中でGPSが止まる。
 2.自転車ライトに使ってる電池が、なぜか早くなくなるとか
いろいろとあるが、原因は、突き詰めると、

  充電に失敗してる電池がある。
  充電してる最中に、知らない間に、エラーを検知して、充電をやめる充電器がある。
  4本独立充電の場合、1本のみエラーになっても、全体として正常終了となって気づかない場合がある。

ということかと。

ええっと、自転車ライトに4本セットで使ってる電池を、4本独立充電すると、一本だけ、エラーを起こして充電されていない
場合があり、そのまま装着すると、えらく早くなくなるなあ、ということになる。また、エラーを起こした電池は、過放電で、転極が起こり、なおさら、寿命がちじまる、ということになる。

まずは、パナソニックのeneloopの充電器が、ここ2年ぐらい前に発売された機器から、エラーが発生したスロットが点滅するようになった。つまり、どの電池が充電にしっぱいしたかわかるようになった。ただ、それまでは、これがわからない状態だった、というのが、ある。

で、ここ2年ぐらい前に発売された充電器、例えば、BQ-CC53だが、問題ないと思われる電池でも、数年使った電池だと、ほぼエラーになる。例えば、
 これの、slot1は、必ずエラーになる。自分の測定では、エラーになる要素はないのに。
 これは、slot0,1,2でエラーになる。確かに内部抵抗は大きいが、slot3は、前行に示した電池より、はるかに問題が大きい状態なのに。

ということで、エラーがわかるのはいいことだが、エラーを起こす理由が不明。また、前持ってた充電器の、NC-TGN01より、はるかにエラーになる電池が多いように思う。これが、大問題。

はっきり言ってしまうと、パナソニックは、サンヨーに、劣る、ということだが。

ということで、今は、どちらの充電器も使えないと判断。結局、今やってるのは、

KBC-E1A、という、サンヨー時代の、USBで充電する充電器、これは2本充電できるのだが、一本だけ入れて、USBの電流計みたいなのを挟んで充電して、充電できたか確認するというのが、一番確実という、結論かな。あと、USBの電流計挟まなくても、充電中は点滅していて、点滅している時間でも、ある程度、充電できたかどうかは把握できます。

あとは、何の制御もしていない、100均で売ってる充電器を使うのが一番確実だと思ったりする。パナソニックの充電器は最低。
本来のニッケル水素電池急速充電器の在り方としては
 1.急速充電してよいか、電池の状態を測定。
 2.急速充電してよければ、急速充電。急速充電したらダメと判断すれば低速充電
 3.急速充電しても、問題が発生したら、低速充電に切り替え
 4.低速充電しながらも、事故が起こりそうな状態は計測しながら充電し、問題があれば、充電中止。
というのが、正しい、というか、最低限やるべきことかと思うんだが、、、

エラーを発生させて消費者に捨てさせるパナソニックの充電器は最低かと思います。
eneloopの寿命の姿
eneloopという電池は、かなり長持ちするのは、既に紹介している通り。
実際問題、この電池は、充電生中継で87回充電しており、旅先でも、30回は充電しているので、117回以上使用している。購入後11年半。で、まだ、容量88%をキープしている。
実は、こういう順調に天寿を全うしそうな電池がある一方、天寿を全うできていない電池が2セットある。
(誤解のないように。天寿を全うしそうな電池は1セットだけではなく、2セット以外の使っている電池すべては天寿を全う中であるということを書き添えておきたい。)
で、天寿を全うできなかった電池2セット。
DSC04909
左側の3本が、eneloop-plusである。これの充放電記録は、こちら
充電記録は59回。これ以外にも、約40回旅先で充電しているので、100回ぐらい充電している。
決して容量が少なくなったから寿命というわけではない。写真からわかるように、プラス端子の周りが茶色くなっており、液漏れが起こっているので、機器側がアルカリ液で痛むということから、もう使用しないと決めた。
この液漏れが起きた理由は3つ考えられる。
 1.通勤用自転車ライトで3年ほど(2012-2015)使用していた時に、振動でのダメージ
 2.2016年04月18日に、(こちらの充放電記録からだどっていただけると、コメントがある。)
   7時間ほど、2Aで充電してしまった。
 3.電池自体の品質が悪かった(つまり、はずれ電池)。
まあ、3の可能性は低いかな。1か2かだな。

で、写真の右の2本は、プラス極が、錆びているのが見えるだろうか。液漏れがわずかに発生したから、プラス極がさびたのかと考えている。
これも、液漏れの可能性があるので、機器側を痛める可能性があるので引退させた。容量が減ったわけではない。
当初、虫よけ器具に使用したから、というのが原因かと思ったが、どうだろう。通勤用自転車ライトで3年ほど使用したのが原因かもしれない。

いずれにせよ、液漏れで寿命という判断。容量が減ったわけではない。しかも、ともに電池側に過酷な条件かと思う。自転車ライトで使用した電池以外は、こういうことは発生していない。
(実はツーリング用に使用している電池は、長持ちしている。これは実際は使用していないときには、外してバッグに入れているので、過酷な条件ではない。)

ちなみに、一般的に、最も電池を痛めるのは、振動とか、微妙な話ではなく、私の考えでは、例えば、以下のシナリオ。
  1.充電時の接触不良などの理由により4本のうち1本だけが十分に充電されないことが発生。
  2.これを直列で4本使い、問題の一本が過放電、転極が発生。
  3.一度、一本を痛めてしまうと、その一本は、容量が少し減り、結果、直列で使用した時に、過放電、転極が頻繁に発生。
ということだと思っている。すべての電池を、測定しながら使用することが、本当に寿命に貢献するということだ。
実際に私は、4本のうち1本の容量が減ったときは、その一本を、2軍に落とし、直列で使用するのは、残り3本にするとか、工夫している。
つまり、一般的には、500回使えるという宣伝でも、50回ほどしか使えない場合がほとんどである、というのが私の考えだ。
これを突き詰めると、一般的には、eneloop使うより、アルカリ電池を使い捨てしたほうが経済的だという話になってしまうのが悲しいところではある。
ま、一般的におすすめできるのは、(これ重要)
「容量を測定していない電池は、直列で使用するときには、早めに充電しましょう。」

ということかな。
GPSロガーM241をeneloopで使うと、何時間使えるか
それなりに測定してみました。


結局、GPSロガーって、実際の使用状況じゃないと、電池の消費量ってわからないんだよね。
あと、ニッケル水素電池の充電効率が91%というデータも、あるので、、、

ええっと、使用した順番に、
 slot2 (緑色) 
    1週間前に充電、6時間23分ロギング、bluetooth オン
    推定使用量 1073mAh×91% =  976mAh 1900mAhを使いきる時間想定 12時間25分
 slot3(水色)
    前日に追い充電、8時間11分ロギング、bluetooth オフ
    推定使用量 1263mAh×91% =  1140mAh 1900mAhを使いきる時間想定 13時間38分
 slot0(赤)
    前日に追い充電、1時間ロギングだが、その後帰りの電車で電源いれっぱなしで、
    何時に切ったかは覚えてない。ということで記録は使えない。
 slot1(黄)
    1週間前に充電。bluetoothで、スマホにログをダウンロードしたのみ。
    これも、記録的にはあてにならない。

なおすべてデフォルトの5秒ごとロギングです。
ということで、結論としては、1週間前に、充電した状態で、12時間25分、前日に追い充電したら
13時間38分使える、ということになるかと思う。

ツーリングで朝8時に出発したら、暗くならない限りは、1週間前の充電でも十分、電池はもつということか。
これまでは、電池切れが怖くて、昼飯食うときとかに、電池入れ替えてたんだが、その必要はない、ということかと思う。

ま、誤差も多いので、何回か同じような測定をしないと、データとしては厳密には使えないけど、まあ、暗くならないうちに、宿に到着する場合は、大丈夫かと。

あ、あとGPSロガーは、たぶん、昇圧回路で、昇圧させて電力をつかってると思うので、電池のまじめなもちは、放電グラフの、面積を考えないとだめだけどね。たとえば、放電は、こんな感じなので、これの面積が実際には効くかと思います。なので、さっきの時間ほどは実際にはもたないと思う。
eneloop proの1年放置後実験
こちらにレポート書いたので、みてね。

結論としては、まあ、プロ向き電池だけど、素人でも問題なく使える、って感じかな。
3年放置後のeneloop
houchi_eneloop_r1_3記事かいたよ。
しかし、3年放置して80%を超えてるのは素晴らしい!
3年放置のeneloop
今晩の4時3分に、3年放置後の初代eneloopの放電実験があるよ。
一応、放電、充電を3回やるので、リフレッシュとかの意味合いも、観察できるかな。
俺はこれから寝るけど、シェルで、仕込んどいた。正しく動くかな?だって、3年放置後って3年に1回しか出来ない実験で、緊張するのに、寝るのは、勇気いる行為だよね(笑)。

こちらで見てね。
ちなみに、24日の22:16:45から、3年放置後のeneloop-Rの放電実験をやる予定。
eneloop plusを買ってしまった。
買ってしまった。eneloop-plus。ま、充電器セットなのは、ご愛嬌。
IMGP7921IMGP7922
通常のeneloopにプラスして、PTCサーミスタ内蔵で子供などが使っても安全、というものです。
PTCサーミスタは、温度が上がると、抵抗が急激に大きくなって、いわゆる、「何回でも使えるヒューズ」です。

IMGP7924型番は、HR-3UPT。
初代eneloopが、HR-3UTG、で、HR-3UTGA, HR-3UTGBと来ていますが、PTは、PTCサーミスタのことかな?
とりあえず、放電特性として、電圧はどれぐらい落ちるのか、ほとんど落ちないのか、楽しみです。

充電生中継で、実験中なので見てね。


しかしまあ、今年は、eneloopが3種類も発売されて、ニッスイ電池が、12本も増えたわ。
で、持ってる合計が、単三のeneloopがこれで、30本。
このうち28本が、自己放電実験中なので、なぜか、上の写真を撮ったデジカメは単3なんだけど、アルカリ電池を入れて使ってます smash.gif

ううーん、何かおかしいことは、わかってるんですけど、、、
新型eneloop HR-3UTGBの評価書いたよ。
kaifuu_3_hou_log_eneloop-newb_s11月14日発売の、新型eneloop HR-3UTGBの評価を書きました。
みてね。
今日は、新型eneloopの発売日
ということで、早速ゲット!
IMGP7907IMGP7910
5年後でもすぐ使える、1800回、というのが売りのポイントだが、
どう考えても5年前に発売されたモデルでも5年持つ、ということだよね。
IMGP7911
ちなみにこれは2011年8月製造。

こちらで、充放電実験やってるので見てね。
いつものごとくのテスト予定。つまり、
放電→充電を3回繰り返し、
200mAh追加充電して放電、
460mAh追加充電して放電、
2000mAhだけ充電して放電、
充電、
一週間放置後放電、充電、
4週間放置後放電、充電、
3ヶ月放置後放電、充電、
1年放置後放電、充電、
3年放置後放電、充電

の予定。4年半にわたる、長期プロジェクトです
充電式EVOLTAの経年変化
houchi_evolta_3nenshiyou
充電式EVOLTAはeneloopより、劣化しやすい。
という結果が出ました。
こちらで、みてね。
一番下のほうの、経年変化。
eneloop proの4週間放置自己放電結果
houchi_eneloop_proこちらの記事をアップデートしたので、見てね。
結論から言うと、4週間放置後には、まだ、普通のeneloopよりは、優位だということです。
eneloopプロ、テスト結果暫定公開
kaifuu_animation_hou_eneloop-pro_16
ちゅうことで、こちらで暫定公開中です。
見てね。
eneloopプロのテスト中
やっぱり、買わないわけには、いかない。
IMGP7857IMGP7859
ということで、こちらでテスト中。みてね。
キャンドゥのアルカリ電池評価レポート
candohyouka
評価記事、書いたよ。みてね。

キャンドゥの、アルカリ電池、セール品は安いけど、どんなもんじゃろ。
で、気になるので放電特性測定しました。


しかしまあ、安い電池は素晴らしいなあ。








さて、この、廃棄電池をどうしようかな、と考慮中。
液漏れ実験をしようかなと思ったりしてます。
IMGP7849
candoのアルカリ電池、いざテスト
買ってきました。
IMGP7825
左上:比較用の東芝電池(日本製)        右上:CANDOの105円で10本セット(韓国製)
左下:CANDOの105円4本セット(中国製)  右下:CANDOの105円8本セット(中国製)

ちなみに8本セットは、去年の年末のセールで買ったもの。10本セットと4本セットは、今日買いました。
形状と、生産地とあわせると、4本セット8本セット10本セットは、すべて別物のようです。

さて、値段の差は、性能差にあらわれるか?みなさん、興味あるよねえ smash.gif

充電生中継で実験中です。

楽しみでしょ smiley2.gif
携帯電話の電池容量測定と電池交換
ほぼ自分メモか。

携帯電話の電池の持ちが悪くなってきたように思うので、交換した。
と、その前に、容量測定してから交換しようと思い、ワンセグで何分持つかをテスト。

古い電池: 2時間25分
新しい電池:2時間48分

んんん、14%容量が減っただけだったか。
まだまだ、使えたなあ、、、勿体無いけど、しゃあない。電池があまってた状況なので。

ちなみに、古い電池自体は、ほぼ3年使用したものだが、新しい電池も実は、2年と3ヶ月前に購入したものなので、まだ眠ってるだけ(不活性化状態)かもしれない。(一昨年の3月に、失効してしまうポイントで、無理やり買った電池。)

ただ、それだけ。
eneloopの充電器買った
GPSロガーの電池を旅先で充電するために買いました。充電器、電池セット。
IMGP3186
え?電池が旧型じゃん。(新型は、1500回使える表示。旧型は1000回)
道理で、安いはずだ。(1050円でした。通販なので気づかなかった。)
ええっと、、、IMGP31872007年12月製ね。
んん、製造後2年と3ヶ月放置したeneloopの、放電実験ができるわけだ。嬉しい smitten.gif

ということで、こちらで、実験中。
充電式evolta 1年放置後の自己放電実験
充電式evoltaの自己放電実験。
houchi_evolta_2
みてね。
充電式evoltaのパッケージ表示の、
evolta_package_salespoint2
は、過大広告だったかな、、、
ニッケル水素電池の一生、充電グラフ版
こんなアニメーション、作ってみた。
ニッケル水素電池の一生、充電グラフ編。(携帯だと見れないと思う。)
ええっと、15秒おきぐらいに、くりかえしてます。(文字が最初の2秒と最後の2秒に出るので、文字がでてるところからが始まりです、ということ。)
bp2500_isshou
ええっと、見方を、一応書いておこう。
slot1電圧 slot2電圧 slot3電圧 slot4電圧
slot1温度 slot2温度 slot3温度 slot4温度 
slot1電流 slot2電流 slot3電流 slot4電流 

つまり、同系統の色は同じスロット。明るいのが電圧、暗いのが温度と充放電電流です。あと、測定はすべて1秒置きにプロットしており、例えば、1秒/4秒というのは、
1秒充電して、3秒休止、という意味です。なので、充電中の電圧を1回と休止中の電圧3回がグラフに表示されており、休止中のほうは、線が太く見えます。(拡大すれば、3本の線が見えます。)

詳しくは、こちらを参照してもらえれば、よくわかるかなと思う。

で、1秒(約2A)で充電して3秒休止、もしくは、3秒(2A)で充電し1秒休止、というデータが混じっているが、見てもらいたいのは、充電中の電圧(つまり、内部抵抗分の電圧上昇が加算された電圧。)。
これが、最初のほうは、休止中電圧より、0.1V~0.2V高くなっているのが、最後のほうは、0.8V~1.5Vも高くなってるのがわかると思う。
(グラフ上は、上のメモリの、1.9Vを突き抜けて、再び下から登場しているのがわかるかな。あと、青で表示されてる電池が、ちょっとダメな子で、最初から高いのですが、最後のほうは、2週目の突き抜け寸前です。)

あと、偽-ΔVの現象もわかると思う。あたらしいうちは、偽-ΔVなんて現象はないが、途中からすべての電池で観測されており、とくにひどい青で表示されてる電池なんか、偽-ΔVの最中に、本充電器での、充電満了を検出するという状態。偽-ΔVについても、詳しくは先ほどのリンク参照。

内部抵抗は、温度が高いと、下がるので、夏は、低め、冬は高めで表示されるので1年の中でも変動するけど、傾向は、はっきりつかめるのではないかと。

と、ただそれだけなんだけど。
新型eneloopの自己放電実験
houchi_eneloop_new新エネループの自己放電実験結果を書いたから見てね。
充電マニア(ゴメン)の憂鬱
どう、考えても、eneloopが万能、ってのは、間違ってるよね。
だって、テレビとかのリモコンは、マンガン電池が、一番、地球に優しいのに、なぜか、リモコンにeneloopを入れる奴がいるんだよね。で、sanyoがそれを奨励したりしてるのは、あります。

俺は、eneloopを愛してるが(笑)、
サンヨーは、相変わらず、あんな感じの、広告をやってるんだろうなあ。

ほんと、悔しい。
ニッケル水素電池を、リモコンに入れるのは、絶対間違ってるよー。
俺は、sanyoは基本的に愛してるけど、そんなことをやらせようとしてる、sanyoの大阪人は、大嫌い。
新型eneloopの評価記事速報
書いたよー。
kaifuu_3_hou_log_eneloop-new_s
これ。
みてね。
新型eneloopの発売日
で、早速ゲット!
IMGP3131
続きを見る
new eneloopの発売
これは、買わねばなるまい。ニュースリリースもみよ。eneloopの発売が、2005年11月14日。今回の発売は2009年11月14日だから、丁度4年にあわせたのかな?
sanyo091006_eneloop1500_03
型番が、HR-4UTGから、HR-4UTGAに変わった。
sanyo091006_eneloop1500_01sanyo091006_eneloop1500_02
で、一番大きい改良は、これまで、1000回だったのが1500回になったこと。

充電式evoltaは1200回なので、ま、これで、ほぼ、eneloopが勝ち、ということになる。
ま、実際には、経年劣化の特性のほうが、よほど重要なので、これはわからんけどね。

2番目に、3年放置後、75%残ってる、ということを、公式にしたこと(これまでは2年で80%ということで、3年で75%というのは言ってなかった。)
で、これまでは、一年後でもすぐ使える、というキャッチフレーズが、3年後でもすぐ使える、ということになった。

あと、実際には、マイナーチェンジの繰り返しで、既にそういう性能(1500回の話)はあったと思うが、ま、ここで、広告を打つ、という感じの、モデルチェンジかな。

あと、相変わらず、1回あたり、4円だったのが2.5円になった、とか書いてあるね。
JIS C8708の規格での充電回数で、1回あたりのコストを書いてる。
JIS C8708の規格で、1500回、と、広告等に書くのはいいが、これを、一回あたり2.5円というのは、誇大広告だなあ。そのうち、どこかの消費者団体に、文句を言われると思うが、、、
いずれにせよ、そんな嘘を導くための性能で、競わないでほしいなあ。とは思う。JIS C8708の回数を競うな、ということ。
#eneloopを愛するが故の、忠告です。

あと、こちらのデータシート一覧にはには、まだ、掲載されていない。日本市場向けのみの型番の変更、、、なんてことは、ないよね。
充電式evoltaの3ヶ月放置実験
houchi_evolta_13ヶ月放置後の充電式evoltaの放電テストをしました。
やっぱり、eneloopの圧倒的勝利かなあ。詳しくは、充電式evoltaを購入しました(目的は実験だという疑惑あり(笑)eneloopとも比較するよーん。)を更新したので、見てね。
eneloop1年後の自己放電記事を書いたよ
houchi_eneloop_r1_21年間放置したeneloopだよ。
いや、素晴らしい。

詳しい記事は、こちらに書いたので見てね。

更に、
続きを見る
命名!eneloop-Rgrey
IMGP2128eneloopを買ったという、会社の某後輩が居たので、早速奪い、新品の状態で奪い、テスト。
ああ、楽しいなあ。購入後、3回連続の充放電、その次に充電効率のテスト3回、バッチで実行。
こちらで生中継中。

ちなみに、Rのマークが、以前のバージョンと違い、灰色になってるのが写真からわかるかな。一番下のやつだよ。で勝手に、eneloop-Rgreyと命名した。
ロットの違いによる特性差はあるか?おたのしみ。

なお、パッケージのビニールは捨てたらしい。なので、製造年月日が分からん、、、

バカじゃねえの>某後輩

電池買った意味が半減だ smash.gif

ちなみに、
続きを見る
1ヶ月放置後の、evoltaの自己放電実験
houchi_evolta1ヶ月放置後のevoltaの放電実験を行いました。くわしくは、こちらを参照。

ま、これで、eneloopの勝ちが確定かな。
そういえば、三洋は、松下の子会社になるようで、、、、

となると、evoltaの中国工場は廃止で、eneloopの国内工場が存続、、、となるのか、
eneloopの技術が中国工場でも採用されて、そのうち、技術が中国に流出するようになるのか、

それとも、2つの技術が相互作用を及ぼして、さらに、いい電池ができるのか、、、

どうなるんだろうね。
充電式evoltaの記事書いたのでみてね
開封後3回分evolta放電グラフ10月1日発売日に買ったevoltaの記事書いたので、みてね。
 充電式evoltaを購入しました(目的は実験だという疑惑あり(笑)eneloopとも比較するよーん。)
いや、充電放電の実験は、シェルで、設定できるので楽なんだけど、記事書くのはしんどいなあ。
といいつつ、これを書いてる今も、放置前最後の充電中です。

一週間後、放置による自己放電結果を追加するので、よろしく。
その後は1ヶ月後、その後は3ヵ月後だよ。
今日は充電式evoltaの発売日だよ
充電式evoltaパッケージ表今日は充電式evoltaの発売日だよ。もう、楽しみにしてて、会社のフレックス制度使って、会社を早く退社して、錦糸町のヨドバシカメラに行って、買っちゃった(笑)。
早速テスト開始。とりあえず、こちらで生中継やってるので、よろしく。3回、放電、充電、と繰り返す予定!

で、電池自体は、自己放電が少ないという、eneloopの二番煎じ電池です。

しっかりしたレポートは、後日書く予定。お楽しみに。
ただ、、、パッケージから見ると、あまり期待できない予感がしてきたよ。
なぜかというと、、、

続きを見る

処理時間0.101秒