カレンダー
<< August 2022 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
その他

3度目の正直
そうだ、私は阪急ブレーブスファンなのだ。関西を探しても、ほとんど見つからないと言われた阪急ブレーブスファンである。

西宮球場で、オリックスに身売りされたときに、阪急返せコールを、叫んでいたのだ。
ま、オリックスブレーブスから、オリックスブルーウェーブにと変わっていったときは、腹が立ったが、許していた。
さすがに宿敵のバファローズになってしまったことは、いまだに許していない。

神戸スタジアムで、阪急返せコールをしていたのは、オリックスブレーブスから、オリックスブルーウェーブになってしまったときだったろうか。このころは、まだ愛はあったが、さすがにバファローズになってしまうと、裏切られた気持ちはふつふつと、いまだによみがえってくる。バファローズというのは、宿敵の名前だぞ!こちとら、山田だ、山口だ、今井だ、足立だ、などと、渋いところが投げていたのに、奴らは阿波野とか、イケメンに投げさせるような、許せない球団なのだ!

しかしまあ、優勝して、ヤクルトとの対戦となれば、これは、無視できないのだ。

ヤクルトと、3度目の対戦。かなりの因縁があるのだ。

一度目の対戦は、43年前の1978年、大杉のファールだ。
ファールをホームランと判定され、1時間以上、上田監督は抗議していたろうか。
おかげでかなり高年齢で頑張っていた足立の肩は冷えてしまい、ピッチャー交代となって、負けてしまった。

2度目は、オリックスブルーウェーブになっていた。阪急ブレーブスファンだった私は、まったく見ていなかったのだが、さすがにお家の一大事ということで、17年ぶりに応援した。
イチローが、ヤクルトの内角攻めに抑え込まれ、野村監督に、「ローボールヒッターなので、内角を攻めときゃ、いい。簡単な話だ。」というようなことを言われ、これには腹が立ったなあ。やっぱり野村は悪い奴だ。

とにかく3度目の正直だ。監督はキャッチャーの中島。
しかも私は、もう、見ていないので、中島しか知らない、といってもいいかも、という状態。

26年ぶりに応援せねばなるまい。
コメント#805

おおっ、そうでしたか。
今まで野球の話は、ほとんどした事は無かったので、意外です。
それは、20日からの中継にも熱がはいりますねぇ。

ちなみに、僕は叔父が稲尾さんと同級だったので、西鉄ライオンズが…っていくらなんでも、古過ぎですね。
|先生| Thu,Nov-18 06:18|
コメント#806

神様、仏様、稲尾様ですね。

黒い霧とか、なんだかんだいって、ライオンズが残っているのは、うらやましいですね。
|たなか| Thu,Nov-18 13:14|
コメントする
お名前:

メール:

URL:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバックURL:
これまでに受信したトラックバックはありません。

処理時間0.018秒