カレンダー
<< May 2022 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
その他

ライオンの、新しい洗濯用洗剤。トップ風合い感
ちょっと前から発売されてたみたいで、目をつけてました。この洗剤。
で、ご購入。
IMGP1288
標準使用量は、こんな感じ。
fuuaikan_shiyouryou

これが通常のトップなので、
top_shiyouryou
使用量は、2割り増しということか。

成分表示。
top_seibun
左が、トップ風合い感、右が通常のトップ
成分的には、どちらも、アルファスルホ脂肪酸エステル塩という、比較的最近の、洗浄力の高い界面活性剤が使われている。他の成分もほぼ共通。
違いはと言えば、通常のトップに入ってた、蛍光増白剤がなくなって、代わりに(?)風合い付加剤とかいうものが追加になったというもの。

界面活性剤の割合は変わってないし、おそらく、、、ではあるが、ビルダーであるアルミノけい酸塩の量もそれほどかわらないのではないか。

で、風合い付加剤ってなんだ?ま、柔軟剤みたいなもんなのか。そうだとしたら、やっぱり洗浄能力としては、マイナスの作用を及ぼすもんなのかな。そのために、標準使用量が増えてる、、、ということなのか、それとも、蛍光増白剤が入ってない分、見た目の白さを補うために、標準使用量が増えてる、、、ということなのかは不明。


で、話は戻り、購入した動機は、、、

 1.洗濯用洗剤であること。
   当たり前
 2.弱アルカリ性であること。
   セーターとかは、中性洗剤である、エマールとか、アクロンが、担当してます。今はエマール。
   で、ある程度洗浄力が必要な、綿とかポリエステルとかを洗うのには、当然、弱アルカリ性。
 3.蛍光増白剤が入っていないこと。
   下着を洗う場合等は、蛍光増白剤が入ってる、トップ(通常のトップ)が担当しています。
   通常のトップで、綿パンとか洗うと、白っぽくなってくるのでダメ。
 4.漂白剤が入っていないこと。
   3までの条件は満たすが、漂白剤が配合されちゃってる洗剤は、ニュービーズとかがありますね。
   で、これも白っぽくなってくるのでだめ。
 5.コストパーフォーマンスが高いこと。
   4までの条件を満たすのは、他に、液体アタックとか液体トップとかがありますが、
   これは高い。

以上の条件を満たす製品は、数年前には、スパーク、という洗剤が、ライオンから出てましたが、いつの間にか、なくなったようです。
これは、私の分析ですが、一般消費者は、洗剤を大きく2種類しか、買わないのではないでしょうか。

 1.綿、化繊などを洗う洗剤。
   通常は、トップとか、アタックを使います。
 2.色柄物、毛、とかを洗うもの。
   通常は、エマール、アクロン等を使います。

私がぜひ、これに加えて必要だと思うのが、弱アルカリ性のパワーがあり、蛍光増白剤も、漂白剤も入ってない洗剤です。正直言って、トップ風合い感のように、柔軟剤みたいなのは必要ないんだけど、それでも、こういう風合い感、というキャッチコピーが浸透する(つまりこの製品が売れて)ことによって、私の求めてる分野の洗剤が、ロングセラーになって欲しいなあと。
繰り返し言うけど、私としては「風合い感」は必要ないけど、こういうコピーがマーケッティング的に成り立つのであれば、増白剤も漂白剤も入ってない粉末洗剤としては、ぜひ、残って欲しいなあと。

でも、この「トップ風合い感」も、おそらく、スパークの道を辿るような気がします。残念だけど。

そうなると、液体アタックとか、液体トップとかの、高い洗剤に戻らざるを得ないような。
残念なことです。

全然関係ないが、本の紹介。

幸書房「洗剤 その科学と実際」藤井徹也
東京化学同人「界面活性剤の話」北原文雄
IMGP1296
洗剤マニアとしては、必携です。
コメント#272

こんにちは。

最近洗剤マニアになりました。
いろいろな洗剤の界面活性剤を調べ倒して、
トップ 風合い感に辿り着きました。
世の中の流れは、部屋干しでも臭わない!か、とにかく白く!なので
そのうち消え去るであろう予感がしましたね。
とりあえず風合い感を買いだめしました...

台所用洗剤も、同じく
とにかく油を落とす!というのが主流なので
比較的手肌に優しいとされる、アルキルグリコシドやアルキルベタインが
主成分の洗剤は、一部の愛好家に惜しまれつつこの世を...
といった流れのようです。

ちなみに、今までは純せっけん+軟水派でした。
|ちはる| Mon,Oct-27 00:14|
コメント#273

ども、です。

最近、私の近辺では、トップ風合い感は、お目にかかれません。
製造やめたのかな。。

変わりに、液体トップが、安くなってきたので(1kgで270円ぐらいだったか。)、もっぱら、蛍光増白剤を使いたくない服は、液体トップで洗ってます。

ただ、液体は、貴重な資源である界面活性剤(やしの実?)を、やはり、どうしても、多く配合しなきゃいけない、つまりビルダーを配合しにくい、らしい、ということで、悶々と(?)しています。(下着やワイシャツは、トップで洗ってる。)

ま、定量的に、どれが地球に優しいかは、専門家でもないので、わからないんですけど、やはり、ビルダー使って、椰子の実の使う量を減らすのがいいような、気がしてるので。(すくなくとも、私の地域のように下水道がちゃんとあるところでは、ですが。)

ちなみに、私は、お風呂に使う石鹸は、最近、無添加、のやつ、つまり香料も何もはいっていない、石鹸臭いやつが、好きになってきました。ちょっと高いんですけどね。
あと軟水、って選べないですよね。というか、日本では、街中の水道水は、軟水ですよね。
|たなか| Mon,Oct-27 01:02|
コメント#274

こんにちは。

純せっけんにこだわっていたので、自宅を新築した際に
軟水機をを導入しました。家中軟水になるやつです。

まぁそれで石鹸カスからは解放され、満足していたのですが、
買い換えたドラム式洗濯機の仕組み上、どうも粉石けんは向いてない。
で、成分、コスト、自分と地球への負荷を調べ始めた訳です。

今は、キーワードは"酵素"だと思ってます。


|ちはる| Mon,Oct-27 09:39|
コメント#275

おお、軟水機というものがあるのですね。
すげー。

あと、ドラム式ですか。なんか、かっこいいですね。
日本の昔ながらの渦巻式とは違い、節水、とかいうイメージがありますが、、、

うちでは一人暮らしで、2ヵ月で、16立方メートルまで、ぜんぜんいかないので、節水する気が失せてるしなあ。
(うちの地域では、2ヵ月で16立方メートルまでは、ほぼ、料金が同じ。なのに、10立方メートルそこそこしか使えないので。)
|たなか| Mon,Oct-27 22:20|
コメントする
お名前:

メール:

URL:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバックURL:
これまでに受信したトラックバックはありません。

処理時間0.171秒