カレンダー
<< December 2021 >>
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
その他

岸田首相が、相変わらずダメだ!
聞く力があるだと?
あのねえ、あまりにもバカすぎる省庁の判断を、事前に止める能力がないだけだと思うんだけど。

今回は、文科省の、オミクロン濃厚接触者問題。

一部の、実情をよくわかってない人間が、
「追試を考慮するように指令を出しているので、文科省はやることをやってる。」
などと主張しているが、とんでもない!
わかってないことに口出すべきじゃない。まともに受験に取り組んだことのある人間なら、こんな意見は間違いだというのは常識の範囲だ。

受験の仕組みや、大学の体制や、共通試験の制度なんて、そう変わるもんじゃない。

「再試験に回されると、限りなく不利になる。」

というのは、当たり前の話。
これはある程度、普遍的な事実で30年以上前に受験した私からすれば常識だが、30年程度で、それほど急激に世の中、変わるはずがない。

私の時代では、インフルエンザで、熱が39度でてて、ふらふらの状態でも、共通一次は受けるべきであり、再試験に回ると、それ以上に不利になるから、というのが常識だったように思う。まあ、当時はインフルエンザは、気合で乗り越えられるような社会情勢だったこともたしかだが、ここ30年で変わったのは、この点のみだ。

再試験で、不利にならない方法があるのなら、教えてほしいものだ。
岸田首相は、ダメだ!
なに聞いても答えは同じ。
「適切な時期に、諸般の事情を鑑み、国益を考慮し、判断する。」

ちゃんと正直に発言しろよ!
 適切な時期に  → 今は決めるつもりはない。
 諸般の事情を鑑み → 俺にポリシーはないので、例えば公明党の意見を丸のみするとかも含めて、
 国益を考慮し → 当たり前のことを考慮して、

 判断する → 判断するもしないも、含めて、判断する。

ということだな。

いや、見事というしかない。長期政権になると思われます。

処理時間0.018秒