カレンダー
<< March 2020 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
その他

26800mAhモバイルバッテリー、中華vs日本 放電実験結果対決
共に、2680円。1260円の中華ブランドと、4580円の日本ブランドです。ま、今の時代、共に、made in 中華ですが。

信頼のAnker
anker_1
anker_2

中華ブランド
ectechnology_1
ectechnology_2
では結果発表!

日本ブランドAnker中華ブランドec technology
公称容量26800mAh、96.48Wh
購入価格(送料込)4580円1260円
約5Vでの容量測定値(mAh)16847mAh16060mAh
容量測定値(Wh)86.20Wh81.65Wh
Whの容量測定値/公称容量84.6%89.3%

共に、放電電流は、1.7Aから2.0A程度です。多分8セルかと思われ、セル数が多いので、、、

測定時の温度など微妙な要件が違うため、容量の誤差は最大3%ぐらいあるかもしれないです。ま、日本ブランドのほうが容量は大きいといえるかもしれませんが、個体差や内部の回路の都合も考慮すると、ほぼ同じといえましょう。

結果として、容量の差はないということです。

あとは、どちらが長持ちするか、ですが、値段が3.5倍の開きがあるので、Ankerのほうが3.5倍長持ちしなければなりません。
(ちなみに、値引きなしでAmazonで売ってたとしたときの値段の差はくらいかと思います。Ankerは定価5960円、EC technologyは、2900円ぐらいかと。)

あ、あと、8セルかと思うので十分多い。つまり出せる電流は私の使い方では十分すぎるので、評価はしません。
(spec上は、写真にある通り、Ankerが6A、EC technologyが3.1A(ですけどね。)
寿命近くになると、出せる電流の差が、私にとっても意味はあるかもしれませんが、それは、また、1年後に。
コメントする
お名前:

メール:

URL:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバックURL:
これまでに受信したトラックバックはありません。

処理時間0.109秒