カレンダー
<< March 2020 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
その他

玉川徹が白旗、羽鳥慎一モーニングショーでの煽り報道は、トーンダウン
玉川徹が、ようやく、今の状況で、PCR検査の件数だけ増やすのは無理だと、認めた。

ただ、これだけ世間を巻き込んで騒がして、忙しくて仕方ない厚労省や保健所に対応させてマンパワーを奪い取り、結果的に感染を増大させ、世間に害悪をまき散らしたことを、間違ってました、と謝罪するまではいっていない。

顛末としては以下の通り。

玉川徹を急先鋒に、羽鳥慎一モーニングショー自体や、羽鳥慎一や、大谷院長や、岡田教授が、合同で煽ってきたのは、
 「PCR検査をなぜ全員にやらないのか、数を増やせ。保険適用しろ。韓国にできてなんで
  日本にできないのか。厚労省のなにやら、よこしまな意図があるのでは。」
である。
しかしながら、数日前の週末あたりに、いろいろと調べたのだろう。
 「SARSとか、MARSとかの直撃を受けていない日本は、検査医師の防御の手順確立とか、
  検体を運ぶ段取りとかで、準備ができてないので、検査可能数だけ増やしても無駄だ。」
ということにようやく、気づいたらしい。

ところが、一人、文政権翼賛会の青木理が、玉川徹とモーニングショーの一週間前の主張を相変わらず繰り返してて、それを、玉川徹、羽鳥慎一、大谷院長、岡田教授が、なだめて、説得するという時間が、かなり生放送でとられた。
青木理は、何度言われてもめげずに、同じことを繰り返し、それを、なだめるというのが繰り返された。

玉川徹とモーニングショーは、単に、週末に時間があるから、家に帰って、各局の報道をREGZAのタイムシフトマシンでチェックしたので気づいたんだね。で、それを「取材」と称しているんですね。ホントにバカだ。

とうか結果的に、これで、視聴率を増やしたので、成功なのかな。ホントは賢いんだね。

一人青木理は、REGZAタイムシフトマシンをもっていないので、恥をかいたのだ。

コメントする
お名前:

メール:

URL:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバックURL:
これまでに受信したトラックバックはありません。

処理時間0.152秒