カレンダー
<< May 2020 >>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
その他

医者は、嘘をつかざる負えない職業だよね
俺のおやじが亡くなったとき、というか亡くなる前、

生命維持装置をいったん付けたら外せません、で、ご家族様、生命維持装置を付けることを拒否する、はんこを、押してください。

と言われた。

今となっては、こいつらの言うこと、全部嘘だった。

俺:生命維持装置の一つとして、人工呼吸はもうつけてますよね。
医者:はあ、まあ
俺:では、それは、外せないわけですよね。
医者:はあ、まあ

今から思えば、取り付けられてたのは、人工呼吸装置ではなく、単なる、酸素を口の周りにあてがってただけで、これは人工呼吸器ではないのでは?
単に、酸素マスクのことを、人工呼吸器と誤解する一般人を、明確に、騙してますよね。
で、結局、そういう状況を、騙しながら説明して、生命維持装置の装着をしないようにするための、はんこを、俺らに求めてきたよね。

こんな重要な判断を患者の家族に求めるにもかかわらず、こんな嘘つくなんて。

医者個人がひどいのか、共産党が仕切ってる、その特定の病院がひどいのか、

今となっては、わからないが、あまりにひどい。

手が回らないのであれば、正直に、手が回らないと、言え!
手が回らないと言ってくれたら、ちゃんと、家族としても、手段を講じることができる。
で、理解もでき、ちゃんと協力もできる。
結局、医者自体が、信用できないという、今の状況を生んだのは医者だよね。そんな医者の代表が非常事態宣言をしてくれ、といっても、信用するべきではない。

てめえらは、神様とでも、思ってるのか。



俺は、時効とかもちゃんと調べてるよ。
てめえらが、嘘をつき続けるのであれば、

俺にしがらみがなくなった時は、きっちり、訴訟する決意です。
コメントする
お名前:

メール:

URL:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバックURL:
これまでに受信したトラックバックはありません。

処理時間0.065秒