カレンダー
<< March 2024 >>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
その他

ところにより11月上旬から中旬の暖かさ
ところにより11月上旬から中旬の暖かさ、とテレビがいってた。

これ、気象用語としては正しい日本語で意味が確定できるんだろうけど、一般的な常識からすると、あいまいで、意味が2とおりに解釈できる表現ですよね。(むしろ、意図とは違う意味でとらえる日本人が多いのでは?)

日本語が乱れていると私は思いますが。どうでしょうか。
なにも日本語が乱れているというのは、いい加減な表現を使うことだけではなく、まったく逆で確定的な表現を本人は使っているつもりなのに、実は、いい加減な表現になっているということ。専門バカ、といえばいいでしょうか。

気象の専門家も、一般的な常識や、言語の組み立て、意味の可能性ということを、ちゃんと、考えてほしいですね。

こんなことを言ってる私は、簡単な論文的文章を書くたびに、「表現がくどい。」といわれます。
普通ににしゃべってると、理屈っぽいと、言われます。
#ここ笑うところですよ。と、くどく説明してしまう自分もいますし。
コメント#897

ギャハハ(笑)(笑)確かに!

…あ、でも僕もそうかσ^_^;
|先生| Thu,Dec- 7 21:26|
コメント#898

一応、一般人にも正しく理解されて、気象用語としても正しい表現としては、
  1.11月上旬から中旬の暖かさとなるところがあるでしょう。
  2.ところによっては、11月上旬から中旬の暖かさ
という感じでしょうかね。
「ところにより」という意味が非常に限定されるというのが気象用語らしいのですが、これ自体がマチガイと、私は思っていますが、どうなんでしょうね。つまり、専門バカが、日本語を壊していると思っていますが、、、
|たなか| Sun,Dec-10 18:40|
コメントする
お名前:

メール:

URL:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバックURL:
これまでに受信したトラックバックはありません。

処理時間0.081秒