カレンダー
<< May 2022 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
その他

スポーク調律
おお、初めて、音楽ネタ、書くかもしれん。びっくり!

自転車のホィール組み立てるには、スポークに張力を与えるんだが、このスポーク弾くと鳴るんだよね。
で、前のスポークは、理論的には、全部テンションが同じ。でも、リムの精度とかいろいろあって、ちょっとだけ、ずれる。
後ろのスポークは、オチョコ組みで、右側がテンションが高い。当然、右側のほうが、高い音がなる。

で、俺には、絶対音感はないし、今楽器もないんで、相対音感で話すと、、、

36H、8本組み、UKAIのリム、国産#14、#15バテット
  前: 36本のスポークが全音以内に収まってる。
  後: 片側は全音以内に収まっている。左右の音程の差は、短3度~4度程度(注)
32H、6本組み、OpenPro、DTレボリューション(国産#14#16相当)
  だいたい前と同じなんだが、全体的に、音程がはっきりしない。あとちょっと音程が低め。
  ただばらつきは少ないような気がするが、、、
今組み立て中のホィール
  タイヤをつけてないし、現時点で、テンションだいぶ弱めのため、ホィール全体が鳴るため、
  なかなか聞き取れないが、傾向はほぼ同じかなあ。

てな感じ。で、最後の組み立て中のはおいといて、前の2つは、振れは、十分とれてると思うので、あとは、音程の具合が変わる理由と言えば、、、

OpenProのリムのほうが精度が高いので(これは、振れ取りするときに、ホント感じる)、なんとなく、揃ってるような気がする。
DTrevolutionのほうが、細いんだけど、、、これって、どう働くんだろ。細いほうが、高いのかあ。でも、多分、スポークが太いほうのほうが、安心して、高テンションにしてるので、高いし、結果、揃う、、、というほうが、効果が大きいような、、、
あと、36H、8本組みのスポークの音程が、32H、6本組みの音程より、しっかりしてるのは、スポークが交差する位置がちょうど、全体の3分の1あたりになるために、音程がしっかりしてると思われる。3倍音が鳴って、ちょうど、閉管みたいに(クラリネットとか)、なってるんだろうなあ。6本組みの場合は、中途半端な位置でスポークが交差するので、音程がしっかりしないんだろう。と思ってたら、ちょうど3分の1なのは、後ろの反フリー側のみだなあ、、、よおわからん。

それが、どうした、、、といえば、なんだが、、、、
でも、スポークの張力をどれぐらいにすればいいか、、、というのに、ひょっとしたら、スポーク張力計買わなくても、客観的な基準が、提示できるかも、、、なんておもったりする。

例えば、前と、後ろの反フリー側は、Cぐらいにチューニングしましょう。フリー側は、Eぐらいにしましょう、、、とか、、、さすがに1オクターブ違うようなチューニングはしないだろうから、、、
あ、でも、スポークの太さもあるなあー、、あと、26インチと27インチだと、、、、これは殆ど変わらないか。

まあ、そこまで、まじめにチューニングしなくても、「人の自転車のスポークを弾いてみましょう。で、感触をつかみましょう。」で、十分な気もしてきた。

(注)私はロード用ホィールに左側5ミリのワッシャをつけてますので、、、
   張力は、センターフランジ間の比に、ほぼ反比例するので、普通のロード乗ってるひとだと、
   もちょっと、違うと思うけど、、、
   単に張力に、周波数が比例するんであれば、私の場合5度超、普通のロードだと7度ぐらい違うはず
   だけど、スポークの材質とか、重量とかが効いてるんでしょうね。
コメントする
お名前:

メール:

URL:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバックURL:
これまでに受信したトラックバックはありません。

処理時間0.057秒