カレンダー
<< October 2022 >>
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
その他

男歩けば、ああああん、つき目にあたる
西郷輝彦といえば、どてらい男だと思う。
小学生ながら、毎週みてたような気がする。

ところで、かすかに下半身に記憶に残っているのだが、パンパンのリリーというのがいたはずなのだが、
 どてらい男、 リリー、パンパン、
と検索しても全くヒットしないのはなぜなのか。

たしか、山下猛造(西郷輝彦)が、リリーを口説き、リリーの、右胸を愛撫して、左胸に移行したら、乳がんで全摘してあって、完全に萎えてしまうという話で、リリーに、「あなたもやっぱり口だけで、私をもとには戻せないのよ。わかってたんだけどね。」となじったような記憶があるのだが。

俺の小学生の時の強烈な、甘酸っぱく萎えた印象は、どこへ行ってしまったのか。

コメント#815

どてらい男?僕は、全く見て無かったです。
西郷輝彦と言えば、好きなんだけど〜チャチャチャのイメージがやはり強いですね。
 
小学生の頃かぁ…僕は、キーハンターで萌えておりました。
|先生| Tue,Feb-22 01:11|
コメント#816

どてらい男は、関西テレビで、多分、ほかの地域では、流行ってなかったのかな。

あ、あとちょっと思い出しました。

小学生だった私が、近所の図書館で、どてらい男を借りたときに、図書館員のおじさんに、
「君、こんなの読んで、面白い?」
と聞かれた気がします。

多分、リリーの乳愛撫後、左乳愛撫で、ペッタン萎える、という、当時小学生の私は、にやにやして、無言で、図書館員のおじさんに対応したような覚えがあります。
|たなか| Tue,Feb-22 18:47|
コメントする
お名前:

メール:

URL:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバックURL:
これまでに受信したトラックバックはありません。

処理時間0.016秒