カレンダー
<< February 2020 >>
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
その他

コロナのワイドショーと厚生省
昨日、羽鳥慎一モーニングショーで、玉川徹が、クルーズ船は全員検査だ、民間で検査をすればいいと主張し、今朝は玉川徹が勝ってる感じで、ある程度、玉川徹の意見通りに動いているようになってしまった。

しかし、その後のワイドショーとかでは、ゆり戻しが始まっている。そもそもPCR検査では、それほどの精度が得られない。つまり、PCR検査で陰性だということで、安心するようなPCR検査の使われ方があるとすれば、それは検査キットの無駄遣いだ、という論調だ。
そこまででなくとも、PCR検査はそもそもそれほどの精度は得られないという、あまりにも、わかりきった論調が、ようやく市民権を得ている感じ。玉川徹は反省するべき。

いろいろとワイドショーをみていると、PCR検査の感度上げればいい、とかいう乱暴な意見もでてくる。
バカか。精度と感度の区別さえついていない。なんの対策もなく感度だけ上げれば、擬陽性が増えるだけだろ。感度とか精度とか解像度とかいろんな言葉がそもそもわかってないこのコメンテーターに対する教育が問題かと思う。そういった最低限の語彙を、使いこなせないワイドショーのコメンテーターが、一番世の中に毒を撒き散らしている。

で、結論。
今のところ、どの論調も信用できない。とりあえず、感染防止に、人ごみに行かないことにする。
コメントする
お名前:

メール:

URL:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバックURL:
これまでに受信したトラックバックはありません。

処理時間0.147秒