カレンダー
<< October 2022 >>
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
その他

新しく買ったマザーで、充電器が動かないよー
celeron220搭載の、D201GLY2で、パソコン制御ニッケル水素電池充電器が動かない。
いろいろと、プログラム調べたり、やってたんだが、原因は、これだと思う。
IMGP14491,14,16,17のコントロール端子のON時の電圧が、3.5Vしかない。
インテルの、810eチップセットとか、440BXチップセット使ってたときは、これ、4.6Vぐらいあったし、
OADGテクニカルリファレンスの、3.5.5見ても、「オープンドレインで、ドライブされ、4.7kΩで、5Vにプルアップされています。」って書いてあったので、それを信じて、回路作ったのに、SiSのチップセットでは、3.5V程度しか出てない。
3.5Vだと、CMOSのICに直接食わすのには、微妙な電圧なんだよね。あと、保護回路とか入れてるせいで、多少鈍ってるし、、、
よーわからんが、結局、回路いじるしかないけど、どうすんだろ。オープンドレインでドライブされていることは信じて、プルアップされていることは、疑って、単に回路側でプルアップすればいいだけ、、、なのかな。ここんとこ、やっぱり電子回路の経験値が足りないような気がする。
ま、TTLレベルが突っ込める、HCT245とか、かませば、確実なんだろうけどね。そんなスペースもう、基板に残ってないよー。

ちなみに、買ってきた、D201GLY2は、初期保証1ヶ月間のみ。今月は忙しいなあ。1ヶ月以内に動作確認しないと、、、
コメントする
お名前:

メール:

URL:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバックURL:
これまでに受信したトラックバックはありません。

処理時間0.018秒