カレンダー
<< May 2020 >>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
その他

シャープのマスクが、抽選でも申し込めない
これは、低レベル。

https://cocorolife.jp.sharp/mask/

やり直してこれかい。
SEとかプログラマーとかの人材が不足してるのは確実だな。

この程度の、抽選申し込みアプリなんか、
もっと簡単に、まともに流量制御できるとおもうんだけどね。

アプリレベルでも、アプリサーバーレベルでも、Webサーバーレベルでも、どれでもできるのに。
てか、アプリレベルと、アプリサーバーレベルを協調させるぐらいの制御はするべきだよね。いや、やってるのかな。それにしてはエラーの見せ方がお粗末ですけど。これだったら、下手な工夫はなにもしないほうがマシなのでは?

評価できるのは、たぶん、前にやった時とは別サーバーにして、IoT機器に、迷惑が掛からないようにしただけという(笑)
いや、そもそも、IoT機器に迷惑がかかる前のシステム組んだ奴ほど、バカではなかった、ということだけですね。

技術者の空洞化を見た。

3:16現在

相変わらず申し込めないが、まともにエラーが出るようになった。
BadGatewayのエラーはでなくなった。
Chapchaも、何回も選ばせるとか、申し込んだ後にエラーにするとか、ものすごく下品な流量制御を行っている。
エンジニアの恥だ。

しかしこれでは、すべて断っている可能性もあるなあ。

しかしまあ、そもそも、会員登録せずに申し込めるという方式自体に問題がある。
あと、2重に申し込んだら、エラーにするというのも問題。これじゃあ、おれだったら、俺以外の1億人の名簿手に入れて、他人の分すべてに二重申し込みして妨害しようかとおもうけどなあ。

他にも、正当に抽選したという証左を提出するように、総務省だか厚生省だかに、求められているとかいろいろと足かせもあるだろうね。という話になると、技術者の空洞化だけではないけど。実際のところはどうなんでしょうね。
もしそうだとしたら、総務省がバカ、ということだな。変なことを総務省がやると、その結果、エラーメッセージを出して、抽選の申し込みさえ、できない、ということになる。
コメントする
お名前:

メール:

URL:

コメント:

トラックバック
この記事へのトラックバックURL:
これまでに受信したトラックバックはありません。

処理時間0.108秒